日本人が寿司を愛してやまない理由 ☆1★

寿司が生み出されたころ、それは屋台でふるまわれ、庶民の食べ物のひとつであった。しかし時代が流れ、いつしかそれは高級料理の地位を不動のものにした。日本のお祝いの席には必ずといって良いほど用意される料理であり、また重要な商談の席などにもよく登場する料理でもある。それほど、高級な料理のひとつとして日本人に愛されているのだ。良質の米に、お酢と砂糖が程良くからんで、適度な空気を含み、その上にトロやアワビ、ウニやイクラが乗せられており、それを口にほおばれば、誰しも笑顔になり、お祝いの席や商談が上手く運ぶのは間違いない。また酢飯の上に乗った、トロやマグロ・イクラなどは赤い色でお祝いの色彩を放ち縁起が良い。その上、玉子やたこ・穴子やカニなど色彩豊かで目にも美しく、祝宴を華麗に演出するのに最適な料理とも言えるのだ。それこそが、日本人がそのような場であえて寿司を選好するもう一つの理由なのだ。

北海道旅行を格安でお届けいたします

屋形船が今大人気

エステサロンを開業して、もうすぐ2年経ちます。

業務用ディスポーザー 取付工事